HOME > 作家別 > 山岡荘八 > 豊臣秀吉(4)

 

豊臣秀吉(4)

将軍足利義昭を奉じて上洛する織田信長。木下藤吉郎もそれに従って入京。上洛後の藤吉郎は、松永久秀との出会いで、さらに自らの才覚を磨き、また、竹中半兵衛や蜂須賀彦右衛門の助けを借りながら手柄をたてていくのでした。
 
 

主な登場人物

あらすじ

美濃の斎藤を攻略した織田信長は、いよいよ足利義昭を奉じて上洛に取り掛かります。それにあわせて信長は妹の市と北近江の浅井長政との縁談を進め、木下藤吉郎(豊臣秀吉)が見事その役目を果たしました。

その後、無事、上洛した織田勢でしたが、松永や三好等の諸勢力の織田包囲網が着々と出来上がっていました。しかし、藤吉郎の智略を目の当たりにした松永久秀はすぐに信長に降参します。そして、藤吉郎は松永久秀との出会いにより、ますます、その才覚に磨きをかけていくのでした。

信長は、さらに越前の朝倉義景征伐の軍を進めます。しかし、浅井久政・長政父子の裏切りにより、信長は絶体絶命の窮地に追い込まれました。藤吉郎は、この危機から信長を助けるために殿軍を買って出て、織田軍退却を成功させます。

その後も浅井・朝倉との間の戦いは続きましたが、信長は姉川の戦いで勝利し、やがて、朝倉を滅ぼしました。

残る浅井久政と長政父子に対しては、羽柴筑前守秀吉と名を変えた木下藤吉郎が当たります。どうにかして浅井長政と市の命を助ける方法はないかと思案する秀吉。そこに妻の寧々(北政所)が妙案を授けるのでした。

読後の感想

第4巻では、いよいよ織田信長が上洛を果たします。信長にしたがう木下藤吉郎も、竹中半兵衛(重治)や蜂須賀彦右衛門(正勝)の助けを借りながら手柄をたて、出世街道を走り抜けていきます。豊臣秀吉の人生の中で、この時が最も華やかだったかもしれませんし、多くの人が、この時の秀吉の活躍に魅力を感じることでしょう。

しかし、秀吉の出世街道は、必ずしも見晴らしの良いものではありませんでした。浅井長政との戦いでは、討死してもおかしくない危機にも追い込まれましたから、順風満帆とは言えなかったでしょう。

第4巻の読みどころは、浅井長政の最期だと思います。秀吉はどうにかして長政と市を助け出そうと思案しますが、まったく良案が出てきません。そんな秀吉に妻の寧々が妙案を授けるのですが、この辺りが本作の特徴と言えます。

物語の節目には、必ず寧々の内助の功があり、決して秀吉一人の力で出世できたのではないという話の進み方が、血生臭い戦国の世界にほんわりとした和みを与えていますね。

 
 
豊臣秀吉(4)-山岡荘八
取扱店