HOME > 人物別 > か行 > 北政所

 

北政所(きたのまんどころ/ねね)

北政所が登場する時代小説の一覧です。

脇役

城塞(上):司馬遼太郎
大坂の陣を題材にした作品。徳川家康が、天下取りの総仕上げに豊臣から戦を仕掛けるように仕向ける過程が描かれています。
城塞(中):司馬遼太郎
徳川の大軍を相手に真田幸村や後藤又兵衛らの牢人を雇って戦う大坂城。しかし大坂冬の陣はあっけなく和議となることに。
新史太閤記(上):司馬遼太郎
尾張の百姓から織田信長に仕えた木下藤吉郎が、持ち前の愛嬌の良さと頭の回転の速さを武器に立身出世していきます。
新史太閤記(下):司馬遼太郎
備中高松城を攻略中の秀吉の元に本能寺の変の報せがもたらされます。急ぎ京都に引き返し明智光秀を討ち取った秀吉でしたが、彼の天下取りに織田家の重臣たちが待ったをかけます。
関ヶ原(上):司馬遼太郎
関ヶ原の戦いに行き着くまでの石田三成と徳川家康の頭脳戦を描いた作品です。正義と利益の戦いの始まり。
豊臣秀吉(2):山岡荘八
清州の市場で針売りをする木下藤吉郎は、前田犬千代を利用して織田信長に仕官するのでした。
豊臣秀吉(3):山岡荘八
清州城の石垣普請、墨俣築城。木下藤吉郎は多くの人の助けを借りて見事成功させるのでした。
豊臣秀吉(4):山岡荘八
上洛を果たした織田信長。彼に従う木下藤吉郎も、出世街道を歩み続けます。しかし、浅井・朝倉が2人の前に立ちはだかり、藤吉郎は窮地に立たされます。
豊臣秀吉(8):山岡荘八
関白太政大臣となった豊臣秀吉は遂に天下を統一します。しかし彼の野望は国内にとどまることなく、明国との戦いが始まるのでした。シリーズ完結編。