HOME > 作家別 > 山岡荘八 > 織田信長(3)

 

織田信長(3)

美濃攻略に動き出す織田信長。しかし、墨俣への築城が難航し佐久間信盛と柴田勝家が続けざまに美濃勢に蹴散らされます。信長は何度も失敗する墨俣築城を木下藤吉郎に命じ、ついに美濃を手中におさめ天下統一の足掛かりとするのでした。
 
 

主な登場人物

あらすじ

信長は天下掌握の構想に入ります。まずは、滝川一益に伊勢の桑名城を占領させると、次に美濃攻略のために墨俣に城を築くように佐久間信盛と柴田勝家に命じます。

しかし、墨俣への築城はうまくいきません。そこで、信長は木下藤吉郎(豊臣秀吉)に墨俣築城を命じるのでした。また、信長は三河の松平元康(徳川家康)とも同盟を結び、東に備えます。

木下藤吉郎の墨俣築城が成功すると、信長は一気に美濃を攻略。稲葉山城を手に入れた信長は、その地を岐阜と改めました。

美濃を攻略した信長の元を明智光秀が訪れます。光秀は将軍足利義昭を奉じて上洛することを信長に進言します。そして、信長は光秀のすすめに応じ、足利義昭とともに上洛するのでした。

この頃、信長は近江の浅井長政に妹の市を嫁がすなど、近隣諸国との親交を密にしていきます。そして、朝倉義景を討伐するために越前に出兵したのですが・・・。

読後の感想

桶狭間の戦いの後、織田信長の目標は美濃に移ります。しかし、美濃攻めはなかなかうまくいかず、多くの歳月を費やします。信長の美濃攻めで最も活躍した武将は木下藤吉郎です。もちろん山岡荘八の織田信長でも、藤吉郎は墨俣に城を築いたり、竹中半兵衛(重治)を味方に引き入れたりと大活躍します。

美濃攻めの最中も、信長は天下を掌握するための構想を描いていきます。松平元康との同盟を始め、近隣諸国と縁組を進めていき上洛のための地盤を固めていきました。この辺が、他の戦国武将が持っていない信長の才能なのでしょう。

本作に登場する信長は、平和な世を作ることを第一に考えます。多くの戦国武将が覇を競って、自らが日本の支配者になろうとしていた時代に平和のために天下をとることを目指した信長が、実に魅力的に描かれています。

 
 
織田信長(3)-山岡荘八
取扱店