HOME > 作家別 > 山岡荘八 > 源頼朝(1)

 

源頼朝(1)

保元の戦で大した恩賞を受けられなかった源義朝は、藤原信頼と組んでクーデターを起こしました。しかし、藤原信頼は、ただの臆病者だったため、平家との戦いには何の役にも立ちませんでした。戦いに敗れた義朝一行は、再起を図るため、東国へと落ちのびる決断をするのでした。
 
 

主な登場人物

あらすじ

保元の戦で、親や弟たちを討った源義朝は、藤原信頼からそれが平清盛の奸計だと告げられました。

平清盛は保元の戦で播磨守に昇進。しかし、義朝は左馬権頭に任じられただけだったこともあり、清盛に対する妬みは一層強くなります。

ある日、義朝は、平清盛が熊野詣でに出かけることを知ります。そして、義朝は藤原信頼と手を組み、清盛が京を留守にしている間に院の御所と大内を襲撃し、後白河上皇と二条天皇の幽閉に成功しました。

まもなくして、東国より義朝の長男の義平が京に到着します。義平は、すぐに藤原信頼のもとに赴き、安倍野まで兵を出し、清盛を討ち取ることを献策しました。しかし、京から自分を守る兵がいなくなることを恐れた信頼は、義平の策を許さず、京で平家を待ち受けることになりました。

京に戻った清盛は、幽閉されていた二条天皇を救い出し、六波羅を仮皇居に定めます。後白河上皇も、隙を見て逃げ出し、義朝と藤原信頼は逆臣となってしまいました。

義朝は、義平、朝長、頼朝などの子らとともに源氏の兵を率いて内裏にたてこもります。そして、平家の軍勢を迎え討ち退かせましたが、追い討ちをかけるべく内裏の外に出ると、隠れていた平家勢が内裏の中に入り、中から門を閉ざしました。

退却する場を失った義朝らは、東国に落ち延び、再起を図ることを決意するのでした。

読後の感想

源頼朝を主人公にした作品です。

第1巻は、父の義朝を中心に物語が進んでいきます。

保元の乱で大した恩賞を得ることができなかった義朝は、藤原信頼と手を組んでクーデターを起こします。世に言う平治の乱です。

クーデターは、最初のうちは上手くいったように思えました。しかし、政治に疎い義朝は、宮廷での駆け引きができず、また手を組んだ藤原信頼も政治的手腕が全くなく、平家の反撃に屈することになります。

第1巻では、義朝一行が東国に落ちのびる場面が読みどころです。戦いに敗れた兵たちには、執拗に落ち武者狩りが襲ってきます。比叡山の僧兵から逃れても、次々と新手の落ち武者狩りが義朝一行の前に立ちはだかります。

味方は、1人減り2人減りと、徐々に少なくなっていき、義朝は解散を決意し、個々で東国に落ちのびることを命じました。

義朝とともに行動していた頼朝は、落ちのびる途中、馬上で居眠りしたことから一行とはぐれてしまいます。

しかし、この居眠りが頼朝の生命を助けることになるのですから、人の運命とはわからないものです。

 
 
源頼朝(1)-山岡荘八
取扱店