HOME

 

時代小説の魅力

時代小説の魅力。それは、その時の流行り廃りとは関係なく作品を楽しめること。どんなに古い作品でも、色褪せることがないのは、歴史の世界を再現しようとする書き手の創作意欲が伝わってくるから。史実に忠実であろうとする歴史小説、フィクションを織り込んだ作品、どれも作家の特徴が出て味わい深いのが時代小説の魅力です。

最近読んだ時代小説

武田三代-新田次郎
武田信虎、信玄、勝頼の三代に渡る武田家を描いた短編が7作収録されています。甲斐を追放された信虎がその後どうなったのか、信玄が今川義元から借り受けた伊勢物語の行方、武田家を裏切った穴山梅雪の最期など、歴史の中で忘れ去られた事柄が著者独自の視点で描かれています。
武田勝頼(3)空の巻-新田次郎
徳川軍の猛攻を受け落城寸前の高天神城への救援を送ることができなかった武田勝頼は、新府城築城を決断します。来るべき織田徳川連合軍を迎え撃つための新城でしたが、家臣団の移動が完了する前に織田軍が武田領への侵入を開始するのでした。
武田勝頼(2)水の巻-新田次郎
長篠城を包囲しながら、織田信長の出陣を待つ武田勝頼。一大決戦を挑み、信長を討ち取ることを考えた勝頼でしたが、3千挺の鉄砲の前に武田軍は大打撃を被りました。敗戦後、武田家中の改革に乗り出すものの、御親類衆の穴山梅雪の存在が勝頼を悩まします。
武田勝頼(1)陽の巻-新田次郎
三方ヶ原の戦いの最中に急死した武田信玄。司令塔を失った武田家は、重要事項の決定ができなくなります。その間にも、織田と徳川が領土を拡張し武田家を脅かします。このような状況を打開するため、武田家は評議の結果、信玄の子勝頼を統領の座に据えるのでした。
武田信玄(山の巻)-新田次郎
上洛を目指す武田信玄は、背後を脅かす上杉と北条を抑えなければなりませんでした。北条と再び同盟を結んだ信玄は、上杉を牽制し、いよいよ西上を開始します。徳川の二俣城を攻略した武田軍は、徳川家康の首を取るため、さらに三方ヶ原へ侵攻するのでした。
武田信玄(火の巻)-新田次郎
川中島の大会戦に勝利した信玄は、北条とともに松山城を攻撃します。さらに領土を広げるべく、今川氏真が領する駿河への侵攻を決断します。しかし、嫡男義信は義理の兄である今川氏真を攻めることを反対し、武田家は父子が相争う事態に発展するのでした。
武田信玄(林の巻)-新田次郎
武田晴信に信州を追われた村上義清が越後の長尾景虎に助けを求めました。これに応じた長尾景虎は晴信との戦いを決断します。川中島で、2度、3度と甲越両軍はぶつかりましたが決着はつかず。4度目の戦いでは、両者とも雌雄を決することを誓い、大会戦を繰り広げるのでした。
武田信玄(風の巻)-新田次郎
甲斐国を治めていた武田信虎は、その残虐な性格から家臣や領民に疎まれていました。そのため、晴信は武田家の行く末を考え、父信虎を追放することを決断します。武田家の当主になった晴信は、諏訪を攻略し領土を拡張していきます。しかし、晴信の領土拡張は北信の村上義清の激しい抵抗にあい苦戦を強いられるのでした。
織田信長(5)-山岡荘八
長篠の戦いで徳川家康とともに武田勝頼に勝利した織田信長は、天下統一に向けて加速していきます。また、松永久秀と荒木村重の裏切りや娘婿の徳川信康の武田との内通に対しても厳しく処罰し、信長の行く手を阻む者たちを次々に排除します。しかし、このような信長のやり方に重臣明智光秀は不信感を抱き始めるのでした。
織田信長(4)-山岡荘八
浅井の裏切りで窮地に陥った信長。しかし、徳川家康と羽柴秀吉の活躍で危機を脱すると、今度は攻撃に転じます。比叡山、本願寺、武田と四方八方から襲いかかる敵。信長は比叡山を焼き討ちし、朝倉を滅ぼし、浅井長政がたてこもる小谷城を落とし、信長包囲網から脱出するのでした。