HOME

 

時代小説の魅力

時代小説の魅力。それは、その時の流行り廃りとは関係なく作品を楽しめること。どんなに古い作品でも、色褪せることがないのは、歴史の世界を再現しようとする書き手の創作意欲が伝わってくるから。史実に忠実であろうとする歴史小説、フィクションを織り込んだ作品、どれも作家の特徴が出て味わい深いのが時代小説の魅力です。

最近読んだ時代小説

義経(下)-司馬遼太郎
平家を都から追い落とした木曽義仲は、やがて都で孤立し始めます。義仲追討のため、源頼朝は範頼と義経を都に向かわせました。宇治川を渡った義経は、一気に都を平定し幽閉されていた後白河法皇のもとに馳せ参じます。この時の法皇との出会いが、義経の運命を変えるのでした。
義経(上)-司馬遼太郎
鞍馬寺に預けられ遮那王と名を変えた義経は、鎌田正近と出会い、自分が源義朝の子であることを知ります。鞍馬山を抜け出した義経は、奥州平泉の藤原秀衡を頼り、やがて成人します。伊豆で流人生活を続けていた兄頼朝が平家追討のために挙兵したことを知った義経は、頼朝のもとへ駆けつけるため、平泉を去るのでした。
源頼朝(2)-吉川英治
以仁王の令旨を受けた頼朝は、平家追討に起ち上がります。山木兼家を討ち取った後、石橋山で敗れましたが、その後、巻き返し、富士川で平家の大軍を迎え打ち、見事退けました。黄瀬川では、弟の義経が奥州から馳せ参じ、頼朝はさらに勢いづくのでした。
源頼朝(1)-吉川英治
平治の乱で敗れた源義朝一行が吹雪の中、東国を目指して進んでいきます。しかし、父義朝とはぐれた頼朝は、平宗清に捕えられ、京都に送り返されることに。頼朝の助命を嘆願する平重盛と池禅尼でしたが、平清盛は耳を貸しません。その頃、3人の幼子を連れた常盤御前が六波羅に連れて来られるのでした。
沈黙-遠藤周作
島原の内乱後、日本でのキリスト教の勢いは弱くなっていました。イエズス会のガルペとロドリゴの2人の司祭は、潜伏布教すること、先に捕えられたフェレイラ教父が棄教した事実を確かめることを目的に日本に渡ります。しかし、2人は間もなく奉行所に捕えられ棄教を迫られるのでした。
龍馬(5)-津本陽
龍馬が率いる海援隊は、大洲藩から借り受けたいろは丸で航行中、紀州藩の明光丸と衝突します。事故の原因は海援隊にあったものの、龍馬は巧みな交渉術で窮地を逃れました。薩摩藩が主導する武力討幕が目前に迫る中、土佐藩は、それを阻止するため、龍馬と後藤象二郎が考えた大政奉還を徳川慶喜に建白するのでした。
龍馬(4)-津本陽
蛤御門の変で長州藩が敗れると、長州藩士も在籍していた神戸海軍塾は解散となりました。勝麟太郎は薩摩の西郷吉之助と会談し、長州藩の処分を寛大にすること、海軍塾の塾生たちを薩摩藩で面倒をみてもらいたいことを頼みます。勝と龍馬に出会った西郷は、長州藩と手を組むことを考え始め、龍馬に薩長連合の仲介を依頼するのでした。
龍馬(3)-津本陽
勝麟太郎のもとで航海術を学ぶ龍馬は、その合間に京や大坂を行き来します。土佐では、山内容堂が土佐勤王党の弾圧に動きだし、武市半平太らの活動は次第に縮小し始めました。そのような激動の中で、龍馬はおりょうと出会うのでした。
龍馬(2)-津本陽
江戸での剣術修行を終えた龍馬は、故郷の土佐に戻り、武市半平太を首領とする土佐勤王党に加盟しました。しかし、土佐にいては何も得られないと感じた龍馬は脱藩し、江戸で航海術を学ぶために勝海舟の弟子となるのでした。
龍馬(1)-津本陽
土佐の日根野道場で剣術に励んでいた坂本龍馬は、中浜万次郎からアメリカの事情を聞かされます。日本とアメリカの文明の差を知った龍馬は、やがて剣術修行のために江戸の千葉定吉道場に入門し、浦賀に来航した黒船を見ることになるのでした。