HOME

 

時代小説の魅力

時代小説の魅力。それは、その時の流行り廃りとは関係なく作品を楽しめること。どんなに古い作品でも、色褪せることがないのは、歴史の世界を再現しようとする書き手の創作意欲が伝わってくるから。史実に忠実であろうとする歴史小説、フィクションを織り込んだ作品、どれも作家の特徴が出て味わい深いのが時代小説の魅力です。

最近読んだ時代小説

決戦の時(下)-遠藤周作
尾張に侵攻し始めた今川義元の大軍を信長はわずかな兵で迎え討ちます。籠城を献策する家臣達の意見には耳を貸さず、信長は乾坤一擲の秘策をもって今川義元を討ち取ります。美濃の攻略、上洛、浅井朝倉との戦い。木下藤吉郎や川筋衆の活躍で、信長の天下統一が近づきます。
決戦の時(上)-遠藤周作
織田信秀が42歳で亡くなると、彼の弟たちが織田家を我が物にするために動き始めます。信秀の嫡男信長は、父の領地を譲り受ける正統な後継者であることを示すため叔父たちと戦います。しかし、弟の信行までが謀反を起こし、信長は強敵今川義元と戦う前に窮地に立たされるのでした。
国盗り物語(4)-司馬遼太郎
足利義昭を将軍にするために働く光秀。越前の朝倉家を頼るものの、朝倉義景に上洛する気配はありません。幕府を再興し、秩序を取り戻すためには、信長に仕えるしかないと決心した光秀は、やがて織田家で頭角を現しましたが、幕府の再興は遠のいていくのでした。
国盗り物語(3)-司馬遼太郎
織田信秀の子の信長に我が娘を嫁がせ、尾張を手に入れようと企む斎藤道三。しかし、信長と面会すると、噂されているようなうつけではないことに気づきました。年老い、最期の時が迫る中、道三は、信長と光秀の2人に後を託すのでした。
国盗り物語(2)-司馬遼太郎
土岐政頼を美濃から追放した庄九郎は、美濃国内の実権を握ります。しかし、政敵の長井利安を上意討ちすると、美濃国中が庄九郎に不信感を抱きました。美濃にいられなくなった庄九郎は、出家し、名を道三と改め京の山崎屋に戻ります。ところが、庄九郎が京にいる間に尾張の織田信秀が美濃に侵攻したため、庄九郎は再び美濃に舞い戻るのでした。
国盗り物語(1)-司馬遼太郎
国主になることを夢見る松波庄九郎は、油問屋の奈良屋の乗っ取りを画策します。奈良屋主人のお万阿の信頼を得た庄九郎は、やがて入り婿となり奈良屋の財産を手に入れます。しかし、国主を夢見る庄九郎は、奈良屋の実権を握るためにある計画を練るのでした。
上杉謙信-吉川英治
永禄元年に和議が成立した武田が再び不穏な動きを見せ始めます。謙信は、武田に使者を送るとともに出陣の準備をすすめます。武田信玄もまた、謙信の使者に面会後、出陣を決意し、両者は川中島で一大合戦を演じるのでした。
明智光秀-早乙女貢
落城する明智城から脱出した明智光秀は、比叡山で修業した後、朝倉と織田の家臣として働きます。織田に仕えた光秀は、その才能を発揮して織田信長の天下統一に大きく貢献しました。しかし、光秀の働きが目立つようになるにつれ、主君信長は光秀を疎んじるようになります。危機を感じた光秀は、遂に信長を討つ決心をするのでした。
源頼朝(3)-山岡荘八
鹿ケ谷事件以降、平家への不満が強まります。源頼政は以仁王に働きかけ、諸国の源氏に平家追討の令旨が下されました。令旨は、伊豆の頼朝にも下ります。平家追討に起ち上がるべきか思案している頼朝。その時、伊豆山の北条政子から手紙が届くのでした。
源頼朝(2)-山岡荘八
平治の乱の後、東国に落ちのびる途中で平家の手の者に捕えられた頼朝は、六波羅に送られました。平清盛は頼朝の処刑を命じましたが、池禅尼が助命を訴えたため、頼朝は伊豆蛭ヶ小島への流罪となります。伊豆で流人生活を続ける頼朝。平家の力が強大となり源氏再興の夢が遠のきつつある中、京から文覚が流されてくるのでした。