HOME > 人物別 > あ行 > 明智光秀

 

明智光秀(あけちみつひで)

明智光秀が登場する時代小説の一覧です。

主役

明智光秀:早乙女貢
落城する明智城から脱出した光秀は、比叡山で修業した後、織田信長の下でその才能を大いに発揮します。しかし、主従の関係は悪化していくのでした。

準主役

反逆(上):遠藤周作
一度は、明智光秀に仕えることを選んだ明智光秀が、主君を裏切り反逆するまでの過程を描いた時代小説です。
反逆(下):遠藤周作
荒木村重が織田信長に反旗を翻してから、羽柴秀吉が北の庄で柴田勝家を倒すまでの登場人物の心の葛藤が描かれた作品です。

脇役

新史太閤記(下):司馬遼太郎
備中高松城を攻略中の秀吉の元に本能寺の変の報せがもたらされます。急ぎ京都に引き返し明智光秀を討ち取った秀吉でしたが、彼の天下取りに織田家の重臣たちが待ったをかけます。
下天は夢か(2):津本陽
美濃を掌握した織田信長が、強敵の武田や上杉を刺激せずに足利義昭を奉じて京を目指す巧妙な立ち回りが描かれています。
下天は夢か(3):津本陽
比叡山、浅井朝倉、足利義昭など天下統一にとっての妨げとなるものを次々と撃退する織田信長の残忍さが描かれています。
下天は夢か(4):津本陽
長篠の戦い、石山本願寺攻略と天下統一を進める織田信長でしたが明智光秀の謀反で一瞬にしてその夢は潰えます。
夢のまた夢(1):津本陽
備中高松城を水攻めにしている羽柴秀吉に本能寺の変の報せが届きます。すぐに上方に引き返す秀吉の前に天下統一への道が開けます。
織田信長(3):山岡荘八
美濃攻略に何度も失敗する信長を木下藤吉郎の奇策が救います。美濃を我が物とした信長は、ついに上洛を果たすのでした。
織田信長(4):山岡荘八
浅井の裏切りで窮地に陥る信長。しかし、四方八方から襲い掛かる敵を各個撃破し天下統一に近づいて行くのでした。
織田信長(5):山岡荘八
長篠の戦いで武田勝頼に勝利した信長は天下統一に向けて加速します。しかし、信長の力が強大になるにつれて明智光秀は不信感を募らせるようになります。シリーズ完結編。
豊臣秀吉(1):山岡荘八
戦国時代に貧しい百姓の家に生まれた日吉が、戦乱を終わらせるため家を出て諸国を旅します。
豊臣秀吉(4):山岡荘八
上洛を果たした織田信長。彼に従う木下藤吉郎も、出世街道を歩み続けます。しかし、浅井・朝倉が2人の前に立ちはだかり、藤吉郎は窮地に立たされます。
豊臣秀吉(5):山岡荘八
備中高松城を水攻めにしている秀吉の元に本能寺の変の報せがもたらされます。中国大返し、山崎の戦い、秀吉の天下取りが始まります。