HOME > 人物別 > ま行 > 前田利家

 

前田利家(まえだとしいえ)

前田利家が登場する時代小説の一覧です。

主役

前田利家(上):津本陽
前田利家は、織田家中で得意の槍を振るって出世していきます。しかし、上杉との交戦中に本能寺の変が起こるのでした。
前田利家(中):津本陽
北陸の佐々成政を降伏させた前田利家は、秀吉とともに小田原に向かい北条も降して天下統一に貢献します。
前田利家(下):津本陽
秀頼が誕生し、利家はその後見となり豊臣政権を支えます。しかし、秀吉がこの世を去ると、徳川家康が天下を狙い始めるのでした。シリーズ完結編。

脇役

真田太平記(5):池波正太郎
朝鮮出兵の失敗。伏見大地震。豊臣政権を脅かす事件が相次ぐ中、秀吉が世を去り、再び天下が騒がしくなりはじめます。
反逆(下):遠藤周作
荒木村重が織田信長に反旗を翻してから、羽柴秀吉が北の庄で柴田勝家を倒すまでの登場人物の心の葛藤が描かれた作品です。
新史太閤記(上):司馬遼太郎
尾張の百姓から織田信長に仕えた木下藤吉郎が、持ち前の愛嬌の良さと頭の回転の速さを武器に立身出世していきます。
新史太閤記(下):司馬遼太郎
備中高松城を攻略中の秀吉の元に本能寺の変の報せがもたらされます。急ぎ京都に引き返し明智光秀を討ち取った秀吉でしたが、彼の天下取りに織田家の重臣たちが待ったをかけます。
関ヶ原(上):司馬遼太郎
関ヶ原の戦いに行き着くまでの石田三成と徳川家康の頭脳戦を描いた作品です。正義と利益の戦いの始まり。
下天は夢か(1):津本陽
周りは敵ばかりの中、織田信長が尾張下四郡を手に入れ、桶狭間で今川義元を討ち取るまでの孤独との戦いが描かれています。
下天は夢か(2):津本陽
美濃を掌握した織田信長が、強敵の武田や上杉を刺激せずに足利義昭を奉じて京を目指す巧妙な立ち回りが描かれています。
下天は夢か(3):津本陽
比叡山、浅井朝倉、足利義昭など天下統一にとっての妨げとなるものを次々と撃退する織田信長の残忍さが描かれています。
下天は夢か(4):津本陽
長篠の戦い、石山本願寺攻略と天下統一を進める織田信長でしたが明智光秀の謀反で一瞬にしてその夢は潰えます。
真田忍俠記(上):津本陽
天正13年。真田家が守る上田城に徳川の大軍が攻め寄せます。猿飛佐助と霧隠才蔵は忍法で徳川軍を翻弄するのでした。
夢のまた夢(1):津本陽
備中高松城を水攻めにしている羽柴秀吉に本能寺の変の報せが届きます。すぐに上方に引き返す秀吉の前に天下統一への道が開けます。
夢のまた夢(2):津本陽
織田信雄が徳川家康と手を結んだことから秀吉は小牧長久手で家康と戦うことになるのでした。
夢のまた夢(5):津本陽
関白秀次の狂乱、泥沼化する朝鮮戦役。年老いた秀吉には、解決すべき様々な悩みがありました。シリーズ完結編。
流星(下):永井路子
浅井長政が織田信長を裏切り、市の立場は複雑になります。やがて、長政は信長に滅ぼされ、信長もまた本能寺で斃れるのでした。
織田信長(1):山岡荘八
うつけ者と噂される織田信長のもとに斎藤道三の娘濃姫が嫁ぎます。道三を後ろ盾に信長は身内との家督争いで優位に立ちます。
織田信長(2):山岡荘八
弟信行との家督争いを終えた信長は、西上を開始する今川義元との一大決戦に備えて情報収集に努めます。
織田信長(3):山岡荘八
美濃攻略に何度も失敗する信長を木下藤吉郎の奇策が救います。美濃を我が物とした信長は、ついに上洛を果たすのでした。
織田信長(4):山岡荘八
浅井の裏切りで窮地に陥る信長。しかし、四方八方から襲い掛かる敵を各個撃破し天下統一に近づいて行くのでした。
織田信長(5):山岡荘八
長篠の戦いで武田勝頼に勝利した信長は天下統一に向けて加速します。しかし、信長の力が強大になるにつれて明智光秀は不信感を募らせるようになります。シリーズ完結編。
豊臣秀吉(2):山岡荘八
清州の市場で針売りをする木下藤吉郎は、前田犬千代を利用して織田信長に仕官するのでした。
豊臣秀吉(3):山岡荘八
清州城の石垣普請、墨俣築城。木下藤吉郎は多くの人の助けを借りて見事成功させるのでした。
豊臣秀吉(6):山岡荘八
清州会議で三法師を織田家の後継者に据えた秀吉は、いよいよ宿敵柴田勝家の征伐に動き出します。