HOME > 時代別 > 平安末期・鎌倉初期

 

平安末期・鎌倉初期

平安末期・鎌倉初期を描いた時代小説の一覧です。

司馬遼太郎の作品

義経(上):司馬遼太郎
鞍馬寺に預けられていた遮那王は、自分が源義朝の子であることを知り、名を義経と変え、平家打倒のため奥州平泉を目指します。
義経(下):司馬遼太郎
都で孤立した木曽義仲を討ち取った義経は、一ノ谷に拠る平家を奇襲して大勝利を収めるのでした。

永井路子の作品

炎環:永井路子
今若のその後を描いた「悪禅師」や梶原景時の生涯を描いた「黒雪族」など鎌倉幕府成立の4作品を収録。

村上元三の作品

鎮西八郎為朝(上):村上元三
藤原頼長の家臣たちと揉め事を起こした源為朝は武将たちが合戦を繰り返す九州に送られます。
鎮西八郎為朝(下):村上元三
保元の乱に敗れた為朝は伊豆大島に流されます。しかし、大島で何度も命を奪われそうになった為朝は、やがて大島を離れ海を旅するのでした。

山岡荘八の作品

源頼朝(1):山岡荘八
保元の戦で大した恩賞を受けられなかった源義朝は、藤原信頼と組み平治の乱を起こします。
源頼朝(2):山岡荘八
平治の乱後、捕えられた頼朝は伊豆蛭ヶ小島に流罪となり、平家の天下でひっそりと暮らすのでした。
源頼朝(3):山岡荘八
以仁王から頼朝に平家追討の令旨が下ります。挙兵を思案する頼朝。その時、北条政子から手紙が届くのでした。

吉川英治の作品

新・平家物語(1):吉川英治
自分が白河法皇の子だと知った清盛は、父忠盛とともに鳥羽上皇の下で働き始めます。しかし、比叡山の法師たちと祇園で乱闘事件を起こすのでした。
新・平家物語(2):吉川英治
保元の乱で後白河天皇方についた平清盛と源義朝は、戦いに勝利した後、信西の命で身内たちを次々と処刑していくのでした。
新・平家物語(3):吉川英治
平治の乱を起こした藤原信頼と源義朝は、清盛の計略にはまり大敗。乱後、清盛は宋との貿易を始めるのでした。
新・平家物語(4):吉川英治
平治の乱の後、強大な権力を手にした清盛。しかし、水面下で平家打倒の動きが起こり始めます。
新・平家物語(5):吉川英治
伊豆で流人として暮らしていた源頼朝が、北条政子に近づき、文覚と面会します。都では鹿ケ谷の変が起こるのでした。
新・平家物語(6):吉川英治
清盛の娘徳子が高倉天皇の皇子を出産し、平家は栄華の絶頂期に入りました。しかし、嫡男の重盛が早世し、平家の天下に陰りが見え始めます。
新・平家物語(7):吉川英治
清盛は、何度も平家転覆を画策する後白河法皇を鳥羽に幽閉し、乱の元を断とうとします。しかし、以仁王と源頼政、伊豆の源頼朝が平家追討のため挙兵するのでした。
新・平家物語(8):吉川英治
富士川で戦うことなく退却した平維盛。南都を焼き討ちした平重衡。平家の世の終わりが少しずつ近づきます。
新・平家物語(9):吉川英治
俱利伽羅峠で大勝利をおさめた木曽義仲は上洛の準備を始めます。一方、平家は安徳天皇と三種の神器とともに西国に落ち延びるのでした。
新・平家物語(10):吉川英治
上洛した木曽義仲。しかし、後白河法皇に翻弄され、西の平家と東の頼朝を相手に戦わなければならないのでした。
新・平家物語(11):吉川英治
朝廷からの和議の使者を信じた福原の平家に源義経が率いる源氏の軍勢が背後から襲い掛かります。
新・平家物語(12):吉川英治
一ノ谷の戦いの後、源範頼が平家の追討のため西国に向かいますが思うような戦果を上げられません。それを見かねた頼朝は、義経を四国に向かわせます。
新・平家物語(13):吉川英治
暴風雨の中、奇襲をかけた義経。これに恐れをなした平家は船に乗り沖へ逃げます。
新・平家物語(14):吉川英治
壇ノ浦で源平両軍が最後の決戦に臨む中、義経は三種の神器奪還に向けて平時忠と連絡を取り合います。
源頼朝(1):吉川英治
平治の乱で敗れた源義朝が、吹雪の中、東国に落ちのびようとしますが、嫡男の頼朝は一行からはぐれ平家に捕えられます。
源頼朝(2):吉川英治
以仁王の令旨を受けた頼朝は、遂に平家追討に起ち上がります。山木兼家を討ち取り、富士川で平家の大軍を退けた後、弟の義経が奥州から駆けつけました。シリーズ完結編。