HOME > 作家別 > 吉川英治 > 新・平家物語(11)

 

新・平家物語(11)

朝廷から和議の使者が到着したことで、福原の平家の陣は気が緩みだします。一方、源義経の軍勢は平家の陣の後ろまで迫っていました。源氏が攻めてくるとは全く思っていなかった平家は、義経の奇襲に遭い大混乱となり、瀬戸内へと逃げるのでした。
 
 

主な登場人物

あらすじ

西国に逃れた平家は、徐々に勢力を回復し始めます。そんな時、朝廷から平家のもとに源氏との和議の使者が訪れました。平家の武者たちは、和平がなったものと早合点し気が緩みだします。

一方の源氏は、源義経が1千余騎の兵を率い、迅速に平家の背後へと近づきつつありました。

義経は、三草山の平家に夜討ちをかけ一蹴し、本陣の福原に迫ります。そして、わずかな手兵を率い、鵯越を駆け下り平家の陣を襲撃しました。

和平を信じていた平家の武者たちは混乱を極め、逃げまどいます。乱戦の中、平通盛、経正、忠度などが次々と討たれていきました。

生き残った平家の武者たちは船に逃れます。しかし、逃げ遅れた平敦盛は熊谷直実に討ち取られました。

また、平重衡も生け捕りとされ、都へ送られた後、鎌倉に護送されるのでした。

読後の感想

第11巻は、一ノ谷の戦いが読みどころです。

一ノ谷の戦いは、源義経が断崖絶壁を駆け下り、平家の陣を後ろから奇襲した鵯越の逆落としが勝因とされています。

しかし、それだけが源氏の勝因ではありません。一ノ谷の戦いの直前、平家のもとに朝廷から和議の使者がやってきたことの方が、源氏の勝因としては大きなものだったでしょう。

亡き平清盛の法要とも重なり、平家の武者たちは、源氏が攻めてくるとは思わず、不意をつかれたことで陣は大混乱となります。

平家方の損害は大きく、平通盛ら一門の多くの者たちが討ち取られました。平敦盛が熊谷直実に討ち取られたのも、この一ノ谷の戦いです。熊谷直実は、まだ若い敦盛を討ったことが頭から離れず、後に法然のもとで出家しています。

第11巻では、その法然も登場しますが、熊谷直実との接点はありません。法然は、一ノ谷の戦いで生け捕られた平重衡と会い、そして、重衡は出家した後、鎌倉へ送られます。第11位巻の後半は、この平重衡を中心に物語が進んでいきます。

平家に持って行かれた三種の神器を取り返したい後白河法皇は、重衡を使って平家に源氏と和議をするようすすめます。しかし、平家としても、二度も同じ手にかかるまいとし、後白河法皇の和議のすすめを断りました。

この時代、何か争いが起こる時、必ず後白河法皇が関わっていますね。

鎌倉に送られた重衡は、そこで千手ノ前という女性と出会います。二人の関係がどうなっていくかも第11巻の読みどころです。

戦の背後で暗躍する金売吉次からも目が離せません。

 
 
新・平家物語(11)-吉川英治
取扱店