HOME > 作家別 > 吉川英治 > 新・平家物語(10)

 

新・平家物語(10)

上洛した義仲は、西国に落ちた平家を追い討ちするため、水島に向かったものの反撃に遭い都に帰還します。後白河法皇に遠ざけられ、西の平家、東の頼朝と戦わなければならない義仲。次第に孤立していく義仲は、ついに法皇を幽閉し思うままに政治を動かそうとし始めます。しかし、彼を討伐する鎌倉の軍勢が目の前に迫るのでした。
 
 

主な登場人物

あらすじ

上洛した木曽義仲は、都落ちした平家を討伐するために西国に向かいます。しかし、平家は屋島で勢力を盛り返しており、水島での戦いで義仲は苦戦し都に戻りました。

その頃、鎌倉の源頼朝は、後白河法皇の求めに応じて義仲を討つために上洛の準備を始めます。自分を遠ざけようとする法皇に怒りを覚え始める義仲。ついに堪えきれなくなった家臣達が、法住寺殿を焼き討ちし、法皇を五条の里内裏に幽閉しました。

これが、世上を驚かし、義仲は平清盛以上の悪逆無道と言われるようになります。

義仲は、西の平家と東の頼朝に脅威を感じながら無為な時間を過ごします。その頃、彼の不安を紛らわしてくれるのは、藤原基房の娘の冬姫だけでした。

頼朝の命を受けた義経が、宇治に迫ります。義仲は、義経を挟み撃ちにするため、宇治川に軍勢を向かわせるのでした。

読後の感想

第10巻では、いよいよ木曽義仲と源義経との間で合戦が始まります。

上洛した義仲にとって、都は住みにくい土地だったことでしょう。後白河法皇や公卿たちは、平家を西国に追いやった義仲よりも、鎌倉の頼朝を信任し、さらには頼朝に義仲を討つように命じます。また、叔父の行家も自らの立身出世を強く望み、義仲から遠ざかっていきます。

これまでの自分の働きは何だったのか。義仲の心の中で後白河法皇に対する怒りが次第に膨れ上がっていきます。それでも、人の好い義仲は、したたかな法皇の言葉に丸め込まれます。しかし、家臣たちは、法皇の態度に業を煮やし、ついに法住寺殿を焼き討ちしました。

法皇を五条の里内裏に幽閉した義仲でしたが、自分の思うように政治を動かすことができません。唯一、自分の思い通りになったのは、藤原基房の娘の冬姫を妻としたことだけでした。都の義仲にとって、冬姫と過ごす時間が最も幸せな時間だったのかもしれません。でも、冬姫との出会いが、以後の義仲の判断を遅らせ、義経との戦いに後手を踏むことになります。

義仲の周りには、巴御前、葵の前、山吹、冬姫という4人の女性が登場し、彼女たちも戦乱に巻き込まれていきます。第10巻では、義仲と彼女たちの五角関係からも目が離せません。

義仲は、第10巻で討ち死にします。以後は、源義経を中心に物語が進んでいきます。

 
 
新・平家物語(10)-吉川英治
取扱店