HOME > 時代別 > 戦国時代

 

戦国時代

戦国時代を描いた時代小説の一覧です。

海音寺潮五郎の作品

天と地と(上):海音寺潮五郎
父に疎まれながらも立派に成長し元服した景虎。しかし、長尾家の内紛で窮地に追い込ます。
天と地と(中):海音寺潮五郎
酒色に溺れる兄晴景から景虎は長尾家の家督を奪う決心をし兵を挙げるのでした。
天と地と(下):海音寺潮五郎
関東管領となった上杉政虎が、雌雄を決する為に武田信玄と4度目の川中島合戦に挑みます。

司馬遼太郎の作品

国盗り物語(1):司馬遼太郎
国主を夢見る松波庄九郎は、油問屋の女主人お万阿に近づき、奈良屋乗っ取りを計画します。
箱根の坂(上):司馬遼太郎
応仁元年に勃発した応仁の乱で都は焦土と化します。戦乱に巻き込まれた伊勢新九郎は駿河を目指し旅をするのでした。
箱根の坂(中):司馬遼太郎
今川義忠亡き後、今川家の実権を握った範満から守護たる地位を竜王丸の手に取り戻すため北条早雲が尽力します。
箱根の坂(下):司馬遼太郎
民衆に低い租税を課した興国寺城の財政が窮迫する中、早雲は伊豆を我が領地とすることを決断します。シリーズ完結編。

新田次郎の作品

武田三代:新田次郎
子の信玄に追放された武田信虎のその後を描いた「信虎の最期」、武田信玄の初陣を描いた「異説 晴信初陣記」など7作品を収録した短編集。
武田信玄(風の巻):新田次郎
武田晴信は、残虐な性格から家臣や領民に疎まれる父信虎を追放し武田家の当主になります。
武田信玄(林の巻):新田次郎
武田晴信に信州を追われた村上義清が越後の長尾景虎に助けを求めます。これに応じた景虎と晴信は川中島で戦うのでした。
武田信玄(火の巻):新田次郎
駿河への侵攻を決めた信玄に嫡男義信が反対し、武田家は父子が相争う事態に発展します。
武田信玄(山の巻):新田次郎
西上を決断した信玄は、徳川の二俣城を攻略し三方ヶ原へと進みます。シリーズ完結編。

吉川英治

上杉謙信:吉川英治
和議を破り割ケ嶽に侵攻した武田信玄に対し、上杉謙信は川中島で一大合戦で雌雄を決することを決意します。