HOME > 作家別 > 吉川英治 > 新・平家物語(7)

 

新・平家物語(7)

後白河法皇を鳥羽に幽閉した清盛。平家の力がますます強大になるかに思われました。しかし、その裏では、以仁王と源頼政が密会し、諸国の源氏に平家追討の令旨を発していました。以仁王の挙兵は失敗するも、令旨は伊豆の源頼朝に届き、平家の栄華が崩れ始めます。
 
 

主な登場人物

あらすじ

清盛は、後白河法皇を鳥羽に幽閉。しかし、後白河法皇の平家転覆に加担した弟の頼盛に対しては寛大に計らいます。

清盛と後白河法皇の板挟みとなった高倉天皇は退位し、建礼門院が産んだ安徳天皇が即位しました。そして、清盛夫妻は准三后の宣旨を受け、平家の力はますます強大になっていくように思われました。

その頃、以仁王と源頼政が平家の世を終わらせるために密会し、平家追討の令旨が諸国の源氏に下されます。しかし、令旨を託された源行家の軽率さにより、以仁王の計画は清盛の知るところとなりました。

以仁王は、三井寺に逃げるも平家の動きが早く、奈良への脱出を試みます。源頼政も、以仁王を奈良に逃がそうと護衛するものの、ついに宇治川で平家の軍勢に追いつかれ討ち死にしました。

しかし、以仁王の令旨は、伊豆の源頼朝に届き、平家の世の終わりが見え始めるのでした。

読後の感想

第7巻では、長年続いた平家の栄華に陰りが見え始めます。

清盛は、平和を乱す元凶は院政にあると考えていました。天皇と上皇(法皇)が政治に関わることが世を混乱させ、乱を招くのだと。実際に保元の乱では、天皇と上皇が分かれて争っています。また、後白河法皇は、何度も平家の力をそごうと暗躍していました。

そして、清盛はついに堪忍袋の緒が切れ、後白河法皇を鳥羽に幽閉します。鳥羽は、平家物語ではおなじみの地で、鳥羽法皇が崩御したのも鳥羽でした。崇徳上皇が鳥羽法皇の死に目に会わせてもらえなかったのも鳥羽ですし、上皇が讃岐に流される途中で立ち寄ったのも鳥羽でした。

院政を始めた白河法皇は、鳥羽に離宮を造営し、都が鳥羽に遷ったような賑わいを見せていました。摂関政治から上皇や法皇が力を持つ院政が始まり、その舞台となった鳥羽が、やがて、天皇の権力を弱めるもととなるのですから、何とも皮肉なことです。

伊豆の源頼朝の挙兵も第7巻で描かれています。微弱だった頼朝の兵力が、あれよあれよという間に強大となり、坂東の豪族だけでは対処できなくなっていきます。

平家は、頼朝追討軍を東下させますが、その軍勢は平和に慣れきっており、まったく戦意が上がりません。その日は悪日だと言って出陣を先延ばしする平家の軍勢と失敗すればすべてを失うと覚悟する頼朝の軍勢とでは、士気が全然違っていたのでしょう。

第7巻は、平家の状況、伊豆の頼朝の状況と場面が切り替わりながら物語が進んでいくので、読んでいる最中はどちらの話をしているのか混乱することがあります。じっくりと時間をかけ、頭を整理しながら読み進めたいですね。

 
 
新・平家物語(7)-吉川英治
取扱店