HOME > 作家別 > 吉川英治 > 新・平家物語(15)

 

新・平家物語(15)

頼朝の怒りを買った義経は、自分に謀反の意思がないことを梶原景季に伝えますが、梶原景時の讒言により頼朝の不信感が増大します。頼朝は、義経の命を奪おうと刺客を京都に送りますが失敗に終わります。命を狙われた義経は、叔父の行家にそそのかされ、朝廷から頼朝追討の院宣を受け、鎌倉と戦う決意をするのでした。
 
 

主な登場人物

あらすじ

壇ノ浦で平家を滅ぼし凱旋した義経でしたが、彼の戦の才能を恐れた頼朝に疎まれ始めます。

そんな時、京都を大地震が襲い、義経は都の治安維持のため働きます。

一方、鎌倉では、源行家が義経とともに謀反を企んでいるとの情報を入手し、梶原景季を京都に向かわせ、義経の動向を探らせることにしました。義経と対面した梶原景季は、彼に謀反の気持ちはないことを知り鎌倉に帰ります。しかし、父の梶原景時が頼朝に義経の言動に不審な点があると伝えたことで、頼朝は土佐房昌俊を刺客として京都に向かわせることにしました。

兄頼朝の誤解を解きたい義経でしたが、刺客を送られたことで行家とともに鎌倉と戦う決心がつきます。そして、頼朝追討の院宣を受け、いったん九州に立ち退くことにしました。

義経暗殺に失敗した頼朝も、大軍を率いて西に向かいます。

堀川の館をきれいに掃除した義経は、郎党とともに大物の浦へと向かい船で九州を目指します。しかし、義経の行く手を敵が阻み出航が遅れたことで、船は暴風に巻き込まれて沈没するのでした。

読後の感想

第15巻では、義経の逃避行が始まります。

頼朝が義経を排除したのは、政治的な理由だとされています。頼朝は武士中心の政治を目指していました。武士が政治の中心となるためには、朝廷の権威を下げる必要があります。しかし、義経は、朝廷から検非違使に任命され、朝廷中心の政治の枠内に入り込んでしまいました。これが、頼朝を怒らせた原因なのだと。

本作では、頼朝と義経の仲が悪くなった理由を義経が検非違使に任命されたからとはしておらず、頼朝の生い立ちによるものだとしています。頼朝は平治の乱で平家に敗れた後、伊豆に島流しとなりますが、父の義朝は家臣に騙し討ちに遭い、この世を去っています。また、自分の子が、平家を恐れる義父の伊東祐親によって命を絶たれており、頼朝は肉親であっても人を信じることができなくなっていました。

頼朝の人間不信が、鎌倉幕府の源氏の将軍を3代で途絶えさせたのでしょう。

頼朝に命を狙われた義経は、叔父の行家にそそのかされ、頼朝追討の院宣を賜ります。義経は、いったん九州に立ち退き時節を待とうとしますが、船が嵐に遭い難破しました。頼朝の追手から身を隠すため、義経は、吉野に身を隠しますが、妻の河越殿や静御前とは別れることになります。

第15巻の後半では、静御前を中心に物語が進んでいきます。義経の子を身ごもった彼女は、頼朝の追手に捕らえられ鎌倉に護送されます。義経の子を無事に出産するためには、自分が妊娠していることを他人に悟られてはいけません。果たして静御前は、義経の子を誰にも気づかれずに出産することができるのかが、後半での読みどころです。

また、第15巻の最後では、後白河法皇と建礼門院が再会する大原御幸も描かれています。古典の平家物語は、大原御幸で終わりですが、本作は、この後も物語が続きます。

 
 
新・平家物語(15)-吉川英治
取扱店