HOME > 人物別 > た行 > 徳川秀忠

 

徳川秀忠(とくがわひでただ)

徳川秀忠が登場する時代小説の一覧です。

脇役

真田太平記(7):池波正太郎
上田城で徳川秀忠軍を迎え撃つ真田昌幸と幸村。一方、関ヶ原では東西両軍が開戦します。
真田太平記(8):池波正太郎
関ヶ原の戦いで敗者となった真田昌幸と幸村は紀州九度山に流罪となります。しかし、来たるべき徳川と豊臣との一戦に向けて水面下で活動し続けます。
真田太平記(9):池波正太郎
徳川家康と豊臣秀頼の会見で、真田父子の再び徳川と一戦交えたいという望みが潰えたかに思われました。しかし、方広寺鐘銘事件で東西に緊張が走ります。
真田太平記(10):池波正太郎
片桐且元が大坂城を追われ、遂に東西開戦。真田丸で東軍を迎え撃つ幸村、家康の命で上洛する信之。真田兄弟の運命はいかに。
真田太平記(11):池波正太郎
大坂冬の陣の和睦が成ったものの豊臣家滅亡を目論む徳川家康は、真田信之に命じて幸村を味方につけるように命じます。
真田太平記(12):池波正太郎
大坂夏の陣が終わり、徳川の天下は盤石のものとなりました。しかし、諸国大名の取り潰しが相次ぎ、真田家にも試練が待ち受けます。シリーズ完結編
城塞(中):司馬遼太郎
徳川の大軍を相手に真田幸村や後藤又兵衛らの牢人を雇って戦う大坂城。しかし大坂冬の陣はあっけなく和議となることに。
城塞(下):司馬遼太郎
外濠と内濠を埋められ裸城となった大坂城。真田幸村が徳川家康に肉薄するも形勢は逆転できずに落城。シリーズ完結編。
真田忍俠記(上):津本陽
天正13年。真田家が守る上田城に徳川の大軍が攻め寄せます。猿飛佐助と霧隠才蔵は忍法で徳川軍を翻弄するのでした。
真田忍俠記(下):津本陽
東西手切れとなり大坂に入城した真田幸村。猿飛佐助と霧隠才蔵の活躍で、幸村に家康と刺し違える絶好の機会が舞い降ります。
乱紋(下):永井路子
2番目の夫豊臣秀勝と死別したおごう。姉のお茶々は彼女を徳川秀忠に嫁がせることを思いつきます。やがて姉妹は大坂の陣で敵味方になって戦うことに。
伊達政宗(5):山岡荘八
徳川幕府が成立したものの、なお豊臣家は健在。東西開戦がいつ起こるかわからない状況の中、伊達政宗は婿の松平忠輝の若さに翻弄されます。
伊達政宗(6):山岡荘八
豊臣と徳川の関係が悪化しつつも、豊臣家の存続を願う徳川家康。しかし、東西の関係は修復できず大坂冬の陣が始まるのでした。
伊達政宗(7):山岡荘八
大坂夏の陣で豊臣家は滅亡。泰平の世が到来したものの伊達政宗に新たな難題が降りかかります。
伊達政宗(8):山岡荘八
徳川秀忠から家光へ将軍職が引き継がれ徳川幕府は盤石となります。政宗の野望はいったいどうなるのか。シリーズ完結編。