HOME > 人物別 > あ行 > 石田三成

 

石田三成(いしだみつなり)

石田三成が登場する時代小説の一覧です。

主役

関ヶ原(上):司馬遼太郎
関ヶ原の戦いに行き着くまでの石田三成と徳川家康の頭脳戦を描いた作品です。正義と利益の戦いの始まり。
関ヶ原(中):司馬遼太郎
義の石田三成か、利の徳川家康か。二つに一つの選択を迫られた諸将の決断はいかに。
関ヶ原(下):司馬遼太郎
西軍と東軍が遂に関ヶ原で激突。しかし、戦いはわずか半日で東軍が勝利し、石田三成の義の戦いは幕を閉じます。完結編。

脇役

真田太平記(5):池波正太郎
朝鮮出兵の失敗。伏見大地震。豊臣政権を脅かす事件が相次ぐ中、秀吉が世を去り、再び天下が騒がしくなりはじめます。
真田太平記(6):池波正太郎
上杉征伐に動き出した徳川家康に従う真田昌幸のもとに石田三成の使者が訪れます。昌幸は、信幸と幸村とともにどちらに味方するか決断に迫られるのでした。
真田太平記(7):池波正太郎
上田城で徳川秀忠軍を迎え撃つ真田昌幸と幸村。一方、関ヶ原では東西両軍が開戦します。
新史太閤記(下):司馬遼太郎
備中高松城を攻略中の秀吉の元に本能寺の変の報せがもたらされます。急ぎ京都に引き返し明智光秀を討ち取った秀吉でしたが、彼の天下取りに織田家の重臣たちが待ったをかけます。
真田忍俠記(上):津本陽
天正13年。真田家が守る上田城に徳川の大軍が攻め寄せます。猿飛佐助と霧隠才蔵は忍法で徳川軍を翻弄するのでした。
前田利家(中):津本陽
北陸の佐々成政を降伏させた前田利家は、秀吉とともに小田原に向かい北条も降して天下統一に貢献します。
前田利家(下):津本陽
秀頼が誕生し、利家はその後見となり豊臣政権を支えます。しかし、秀吉がこの世を去ると、徳川家康が天下を狙い始めるのでした。シリーズ完結編。
夢のまた夢(3):津本陽
徳川家康の上洛、九州征伐。豊臣秀吉の天下統一が着々と進み、残すは小田原の北条のみとなります。
夢のまた夢(4):津本陽
天下統一を果たした秀吉は、明国を征服する野望を実現するため朝鮮に諸将を出兵させるのでした。
夢のまた夢(5):津本陽
関白秀次の狂乱、泥沼化する朝鮮戦役。年老いた秀吉には、解決すべき様々な悩みがありました。シリーズ完結編。
伊達政宗(2):山岡荘八
黒川城を攻略した政宗は奥羽の覇者たる地位を手に入れます。しかし、豊臣秀吉の天下統一が目前に迫り、政宗は窮地に追い込まれるのでした。
伊達政宗(3):山岡荘八
豊臣秀吉の大明征服計画により朝鮮に出兵した政宗は大した損害を受けずに帰国。しかし、彼の前にさらなる難題が迫ります。
豊臣秀吉(5):山岡荘八
備中高松城を水攻めにしている秀吉の元に本能寺の変の報せがもたらされます。中国大返し、山崎の戦い、秀吉の天下取りが始まります。
豊臣秀吉(6):山岡荘八
清州会議で三法師を織田家の後継者に据えた秀吉は、いよいよ宿敵柴田勝家の征伐に動き出します。
豊臣秀吉(7):山岡荘八
柴田勝家を滅ぼした羽柴秀吉の前に次なる大敵徳川家康が立ちはだかります。小牧長久手で戦上手の両者が激突。
豊臣秀吉(8):山岡荘八
関白太政大臣となった豊臣秀吉は遂に天下を統一します。しかし彼の野望は国内にとどまることなく、明国との戦いが始まるのでした。シリーズ完結編。