HOME > 作家別 > 津本陽

 

津本陽

津本陽の作品一覧です。

安土桃山時代

下天は夢か(1)
周りは敵ばかりの中、織田信長が尾張下四郡を手に入れ、桶狭間で今川義元を討ち取るまでの孤独との戦いが描かれています。
下天は夢か(2)
美濃を掌握した織田信長が、強敵の武田や上杉を刺激せずに足利義昭を奉じて京を目指す巧妙な立ち回りが描かれています。
下天は夢か(3)
比叡山、浅井朝倉、足利義昭など天下統一にとっての妨げとなるものを次々と撃退する織田信長の残忍さが描かれています。
下天は夢か(4)
長篠の戦い、石山本願寺攻略と天下統一を進める織田信長でしたが明智光秀の謀反で一瞬にしてその夢は潰えます。
夢のまた夢(1)
備中高松城を水攻めにしている羽柴秀吉に本能寺の変の報せが届きます。すぐに上方に引き返す秀吉の前に天下統一への道が開けます。
夢のまた夢(2)
織田信雄が徳川家康と手を結んだことから秀吉は小牧長久手で家康と戦うことになるのでした。
夢のまた夢(3)
徳川家康の上洛、九州征伐。豊臣秀吉の天下統一が着々と進み、残すは小田原の北条のみとなります。
夢のまた夢(4)
天下統一を果たした秀吉は、明国を征服する野望を実現するため朝鮮に諸将を出兵させるのでした。
夢のまた夢(5)
関白秀次の狂乱、泥沼化する朝鮮戦役。年老いた秀吉には、解決すべき様々な悩みがありました。シリーズ完結編。

江戸時代初期

真田忍俠記(上)
天正13年。真田家が守る上田城に徳川の大軍が攻め寄せます。猿飛佐助と霧隠才蔵は忍法で徳川軍を翻弄するのでした。
真田忍俠記(下)
東西手切れとなり大坂に入城した真田幸村。猿飛佐助と霧隠才蔵の活躍で、幸村に家康と刺し違える絶好の機会が舞い降ります。

幕末・明治維新

椿と花水木(上)
漁に出た万次郎は、嵐に遭い無人島に流れ着きました。食べ物や飲み水が底をつき、死を覚悟した万次郎の前にジョン・ハウランド号が巨大の姿を現すのでした。
椿と花水木(下)
アメリカで教育を受けた万次郎は、身に着けた語学力と航海術をいかんなく発揮し日本の近代化に貢献します。
龍馬(1)
坂本龍馬は、アメリカから帰国した中浜万次郎に高度に発達した西洋文明について教えられ、やがて浦賀で黒船を目撃します。
龍馬(2)
江戸での剣術修行を終えた龍馬は土佐に戻り、土佐勤王党に加盟します。しかし、龍馬は脱藩し勝海舟の弟子となるのでした。
龍馬(3)
勝麟太郎のもとで航海術を学ぶ龍馬は、京や大坂を行き来し脱藩浪士たちとの親交を深めます。そして、京でおりょうと出会うのでした。
龍馬(4)
神戸海軍塾の解散が決まり、龍馬は勝麟太郎の取り成しで薩摩の西郷吉之助の世話になるのでした。
龍馬(5)
海援隊が操船するいろは丸が、紀州藩の明光丸と衝突。事故原因は海援隊にありましたが、龍馬は巧みな交渉術で乗り切ります。