HOME > 人物別 > さ行 > 真田幸村

 

真田幸村(さなだゆきむら/真田信繁)

真田幸村が登場する時代小説の一覧です。

主役

真田幸村 柴錬立川文庫(2):柴田錬三郎
九度山を下りて大阪城に入城した真田幸村が、豊臣家の存続のために様々な活躍を見せます。

準主役

真田太平記(1):池波正太郎
武田家滅亡後、真田家の進むべき方向を決断しなければならなくなった昌幸が、草の者がもたらす情報をもとに戦国乱世を生き抜きます。
真田太平記(2):池波正太郎
本能寺の変後、再び騒然とし始めた東信濃。真田昌幸はこの地に上田城の築城を計画し、真田家の生き残りを画策します。
真田太平記(3):池波正太郎
上田城に大軍を差し向けた徳川家康に対して知略をもって対抗する真田昌幸。豊臣秀吉の北条征伐など厳しい事態が真田家を待ち受けます。
真田太平記(4):池波正太郎
朝鮮出兵のため名護屋に赴いた真田父子を取り巻く環境が慌ただしくなります。、山中忍びの企みを暴くために甲賀に潜入したお江の運命は・・・。
真田太平記(5):池波正太郎
朝鮮出兵の失敗。伏見大地震。豊臣政権を脅かす事件が相次ぐ中、秀吉が世を去り、再び天下が騒がしくなりはじめます。
真田太平記(6):池波正太郎
上杉征伐に動き出した徳川家康に従う真田昌幸のもとに石田三成の使者が訪れます。昌幸は、信幸と幸村とともにどちらに味方するか決断に迫られるのでした。
真田太平記(7):池波正太郎
上田城で徳川秀忠軍を迎え撃つ真田昌幸と幸村。一方、関ヶ原では東西両軍が開戦します。
真田太平記(8):池波正太郎
関ヶ原の戦いで敗者となった真田昌幸と幸村は紀州九度山に流罪となります。しかし、来たるべき徳川と豊臣との一戦に向けて水面下で活動し続けます。
真田太平記(9):池波正太郎
徳川家康と豊臣秀頼の会見で、真田父子の再び徳川と一戦交えたいという望みが潰えたかに思われました。しかし、方広寺鐘銘事件で東西に緊張が走ります。
真田太平記(10):池波正太郎
片桐且元が大坂城を追われ、遂に東西開戦。真田丸で東軍を迎え撃つ幸村、家康の命で上洛する信之。真田兄弟の運命はいかに。
真田太平記(11):池波正太郎
大坂冬の陣の和睦が成ったものの豊臣家滅亡を目論む徳川家康は、真田信之に命じて幸村を味方につけるように命じます。

脇役

あばれ狼:池波正太郎
武勇に優れた樋口角兵衛を描いた「角兵衛狂乱図」や陰で真田家を支えた鈴木右近を描いた「男の城」など真田家を題材にした4作品を収録。
明智光秀:早乙女貢
落城する明智城から脱出した光秀は、比叡山で修業した後、織田信長の下でその才能を大いに発揮します。しかし、主従の関係は悪化していくのでした。
猿飛佐助 柴錬立川文庫(1):柴田錬三郎
天正10年に武田家が滅亡した時に誕生した猿飛佐助が忍者として育ち、真田幸村に仕えて活躍します。
城塞(中):司馬遼太郎
徳川の大軍を相手に真田幸村や後藤又兵衛らの牢人を雇って戦う大坂城。しかし大坂冬の陣はあっけなく和議となることに。
城塞(下):司馬遼太郎
外濠と内濠を埋められ裸城となった大坂城。真田幸村が徳川家康に肉薄するも形勢は逆転できずに落城。シリーズ完結編。
風神の門(上):司馬遼太郎
大坂冬の陣間近の京都で三河者に襲われた霧隠才蔵。その真相を探るうちに才蔵は大きな仕事をすることになるのでした。
風神の門(下):司馬遼太郎
豊臣家を滅ぼすために西進する徳川家康の暗殺を企む霧隠才蔵と猿飛佐助。刻一刻と大坂落城の時が迫ります。
真田忍俠記(上):津本陽
天正13年。真田家が守る上田城に徳川の大軍が攻め寄せます。猿飛佐助と霧隠才蔵は忍法で徳川軍を翻弄するのでした。
真田忍俠記(下):津本陽
東西手切れとなり大坂に入城した真田幸村。猿飛佐助と霧隠才蔵の活躍で、幸村に家康と刺し違える絶好の機会が舞い降ります。