HOME > 作家別 > 新田次郎 > 武田信玄(風の巻)

 

武田信玄(風の巻)

甲斐国を治めていた武田信虎は、その残虐な性格から家臣や領民に疎まれていました。そのため、晴信は武田家の行く末を考え、父信虎を追放することを決断します。武田家の当主になった晴信は、諏訪を攻略し領土を拡張していきます。しかし、晴信の領土拡張は北信の村上義清の激しい抵抗にあい苦戦を強いられるのでした。
 
 

主な登場人物

あらすじ

戦国時代。甲斐国を治めていた武田信虎は、その鬼のような振る舞いから家臣や領民からの信頼を失っていました。家臣も領民も、武田家当主の交代を望み、信虎の嫡男である晴信(信玄)が次期当主になることを願っていました。

しかし、信虎と晴信の仲は悪く、このままでは晴信の弟の信繁が武田家を継ぎ、晴信は国外に追放される危険があります。晴信は、今川義元に協力を頼み、自分が追放される前に父信虎の追放に成功。そして、武田家の当主となったのでした。

武田家を継いだ晴信は、諏訪頼重と高遠頼継を滅ぼし領土を拡張しました。そして、諏訪を手にした晴信は、さらに北信の村上義清攻略に動きます。

村上軍の全滅を目論む晴信でしたが、死を恐れぬ村上の兵士たちに苦戦し、宿老の板垣信方と甘利虎泰が討死。晴信は苦い敗戦を経験しました。

宿老2人を失い大きな打撃を受けた武田家に小笠原長時の軍が迫ります。両軍は塩尻峠でぶつかり激しい攻防を繰り広げるのでした。

読後の感想

戦国大名の武田信玄が主人公の作品です。

武田信玄は、戦国武将の中でも名将として高い評価を受けています。戦上手というだけでなく、内政にも力を入れていたことから政治家としての評価も高いです。

本作に登場する信玄も頭脳明晰で、一流の戦国武将のように描かれています。その反面、信玄の女性関係は複雑で、武田家の中はそれで悩まされることがしばしばあります。

また、信玄の性格は父信虎と同じく残虐な一面を持っていました。敵兵を皆殺しにしたり、征服した地の者たちを金山で強制労働させるなど、自分に刃向った者たちにする処罰は厳しいものでした。

信玄の持つ残虐性は、本作では病気として扱われています。病気が落ち着いている時は、残忍な性格は顔を隠しています。しかし、病気の症状が出てくると残忍な性格が再び表面化します。

武田信玄の軍師として有名な山本勘助も、物語の初めの方から登場します。今川家と武田家の二重スパイとして働く山本勘助の心情の揺れ動きも本作品の読みどころです。

 
 
武田信玄(風の巻)-新田次郎
取扱店