HOME > 人物別 > ま行 > 前野長康

 

前野長康(まえのながやす/前野将右衛門)

前野長康が登場する時代小説の一覧です。

脇役

決戦の時(下):遠藤周作
今川義元の大軍が尾張に侵攻を開始。信長は、胸中を誰にも語らず、今川に勝つための秘策を練るのでした。
下天は夢か(1):津本陽
周りは敵ばかりの中、織田信長が尾張下四郡を手に入れ、桶狭間で今川義元を討ち取るまでの孤独との戦いが描かれています。
下天は夢か(2):津本陽
美濃を掌握した織田信長が、強敵の武田や上杉を刺激せずに足利義昭を奉じて京を目指す巧妙な立ち回りが描かれています。
下天は夢か(3):津本陽
比叡山、浅井朝倉、足利義昭など天下統一にとっての妨げとなるものを次々と撃退する織田信長の残忍さが描かれています。
下天は夢か(4):津本陽
長篠の戦い、石山本願寺攻略と天下統一を進める織田信長でしたが明智光秀の謀反で一瞬にしてその夢は潰えます。
夢のまた夢(1):津本陽
備中高松城を水攻めにしている羽柴秀吉に本能寺の変の報せが届きます。すぐに上方に引き返す秀吉の前に天下統一への道が開けます。
夢のまた夢(2):津本陽
織田信雄が徳川家康と手を結んだことから秀吉は小牧長久手で家康と戦うことになるのでした。
夢のまた夢(5):津本陽
関白秀次の狂乱、泥沼化する朝鮮戦役。年老いた秀吉には、解決すべき様々な悩みがありました。シリーズ完結編。