HOME > 人物別 > あ行 > 織田信雄

 

織田信雄(おだのぶかつ)

織田信雄が登場する時代小説の一覧です。

脇役

城塞(上):司馬遼太郎
大坂の陣を題材にした作品。徳川家康が、天下取りの総仕上げに豊臣から戦を仕掛けるように仕向ける過程が描かれています。
新史太閤記(下):司馬遼太郎
備中高松城を攻略中の秀吉の元に本能寺の変の報せがもたらされます。急ぎ京都に引き返し明智光秀を討ち取った秀吉でしたが、彼の天下取りに織田家の重臣たちが待ったをかけます。
下天は夢か(4):津本陽
長篠の戦い、石山本願寺攻略と天下統一を進める織田信長でしたが明智光秀の謀反で一瞬にしてその夢は潰えます。
夢のまた夢(1):津本陽
備中高松城を水攻めにしている羽柴秀吉に本能寺の変の報せが届きます。すぐに上方に引き返す秀吉の前に天下統一への道が開けます。
夢のまた夢(2):津本陽
織田信雄が徳川家康と手を結んだことから秀吉は小牧長久手で家康と戦うことになるのでした。
夢のまた夢(3):津本陽
徳川家康の上洛、九州征伐。豊臣秀吉の天下統一が着々と進み、残すは小田原の北条のみとなります。
乱紋(上):永井路子
安土城で暮らす浅井三姉妹のおごうのもとに秀吉から佐治与九郎との縁談話が持ち込まれます。仲睦まじく暮らすおごうと与九郎。しかし、若い夫婦に戦国乱世の宿命が待ち受けるのでした。
豊臣秀吉(7):山岡荘八
柴田勝家を滅ぼした羽柴秀吉の前に次なる大敵徳川家康が立ちはだかります。小牧長久手で戦上手の両者が激突。