HOME > 人物別 > は行 > 北条氏政

 

北条氏政(ほうじょううじまさ)

北条氏政が登場する時代小説の一覧です。

脇役

前田利家(中):津本陽
北陸の佐々成政を降伏させた前田利家は、秀吉とともに小田原に向かい北条も降して天下統一に貢献します。
夢のまた夢(3):津本陽
徳川家康の上洛、九州征伐。豊臣秀吉の天下統一が着々と進み、残すは小田原の北条のみとなります。
武田勝頼(1)陽の巻:新田次郎
武田信玄が三方ヶ原の戦いで急死し、織田と徳川の領土拡大を許した武田家は、評議の結果、信玄の子勝頼を統領の座に据えます。
武田勝頼(2)水の巻:新田次郎
長篠城を包囲しながら織田信長の出陣を待つ武田勝頼。一大決戦で信長を討ち取ろうとしたものの3千挺の鉄砲隊に大打撃を被るのでした。
武田勝頼(3)空の巻:新田次郎
徳川軍の高天神城攻撃に救援を出せなかった武田勝頼は、新府城の築城に取り掛かり、織田徳川連合軍を迎え撃つ決断をします。シリーズ完結編。
武田信玄(火の巻):新田次郎
駿河への侵攻を決めた信玄に嫡男義信が反対し、武田家は父子が相争う事態に発展します。
武田信玄(山の巻):新田次郎
西上を決断した信玄は、徳川の二俣城を攻略し三方ヶ原へと進みます。シリーズ完結編。