HOME > 人物別 > あ行 > 朝倉義景

 

朝倉義景(あさくらよしかげ)

朝倉義景が登場する時代小説の一覧です。

脇役

明智光秀:早乙女貢
落城する明智城から脱出した光秀は、比叡山で修業した後、織田信長の下でその才能を大いに発揮します。しかし、主従の関係は悪化していくのでした。
国盗り物語(3):司馬遼太郎
娘の濃姫を織田信長に嫁がせ、尾張を我が物にしようと企む斎藤道三。しかし、信長の器量は道三の想像を超えるものでした。
国盗り物語(4):司馬遼太郎
足利義昭を将軍とするために働く明智光秀は、越前の朝倉家を去り、織田信長に仕えることにしました。シリーズ完結編。
下天は夢か(2):津本陽
美濃を掌握した織田信長が、強敵の武田や上杉を刺激せずに足利義昭を奉じて京を目指す巧妙な立ち回りが描かれています。
下天は夢か(3):津本陽
比叡山、浅井朝倉、足利義昭など天下統一にとっての妨げとなるものを次々と撃退する織田信長の残忍さが描かれています。
織田信長(4):山岡荘八
浅井の裏切りで窮地に陥る信長。しかし、四方八方から襲い掛かる敵を各個撃破し天下統一に近づいて行くのでした。