HOME > 作家別 > 早乙女貢 > 沖田総司(上)

 

沖田総司(上)

沖田総司の腕前を知った斎藤熊三郎と村上俊五郎は、彼を浪士組に勧誘しました。誠衛館の近藤勇らとともに浪士募集に応じた総司は、上洛し、そして新選組の隊士になります。不逞浪士の取り締まりを仕事とする新選組でしたが、結成して間もなく内部抗争が起こり、総司も巻き込まれるのでした。
 
 

主な登場人物

あらすじ

人買いに売られた少女おりえを助けた沖田総司は、蕎麦屋で休憩しています。

そこへ、人買いたちが現れ、総司は大宗寺で決闘することになりました。これが総司の運命を変えます。見物人の中には、斎藤熊三郎と村上俊五郎がおり、総司の太刀さばきを見て、浪士組に加わるようすすめました。

浪士組の話は、総司が通う誠衛館道場にも届いており、道場主の近藤勇は一門を従え浪士募集に応じることにしました。

将軍の護衛のために上洛した浪士組でしたが、その発案者である清河八郎が、尊王攘夷のために働くべきだと主張し、江戸へ引き返すことが決まります。しかし、近藤勇ら誠衛館の者たちや芹沢鴨一派は京都に残ることにし、浪士組から脱退しました。

京都に残った浪士たちは、会津藩のお預かりとなり、新選組と名乗るようになります。不逞浪士たちを取り締まるのが、彼らの仕事でしたが、早くも内部での主導権争いが始まります。

総司は、副長の土方歳三に誘われ島原に出かけます。そこで、新選組隊士の上城順之助や殿内義雄らが、誠衛館の者たちを暗殺し新選組の主導権を握ろうとしている企てを知りました。

その帰り、土方と総司は、二人を斬ったものの、総司はケガをします。医者の雨宮天水に治療を受けた総司は、その娘のお奈美に恋をするのでした。

読後の感想

新選組の沖田総司を主人公にした作品です。

沖田総司は、剣の達人として知られています。本作の上巻では、沖田総司が誠衛館の門人たちとともに上洛し、新選組が結成された直後までが描かれています。一般に新選組局長の近藤勇が道場主を勤めていた道場を試衛館といいますが、本作では、誠衛館としています。

本作では、女性が随所で登場します。人買いに売られたおりえ、医師 雨宮天水の娘のお奈美、そして、浪人大場典膳の妻のたまき。

物語は、これら女性たちとの出会いによって進行していくのが、本作の特徴です。

また、新選組を扱った作品では、近藤勇と土方歳三の活躍が目立ちますが、本作では、斎藤一の出番が多く、物語の進行に合わせて良い脇役ぶりを発揮しています。

大場典膳とたまきが、不逞浪士たちとどう関わっているのか、話が盛り上がってきたところで下巻へと続いていきます。

 
 
沖田総司(上)-早乙女貢
取扱店