HOME > 人物別 > ま行 > 前田利長

 

前田利長(まえだとしなが)

前田利長が登場する時代小説の一覧です。

脇役

城塞(上):司馬遼太郎
大坂の陣を題材にした作品。徳川家康が、天下取りの総仕上げに豊臣から戦を仕掛けるように仕向ける過程が描かれています。
関ヶ原(上):司馬遼太郎
関ヶ原の戦いに行き着くまでの石田三成と徳川家康の頭脳戦を描いた作品です。正義と利益の戦いの始まり。
前田利家(上):津本陽
前田利家は、織田家中で得意の槍を振るって出世していきます。しかし、上杉との交戦中に本能寺の変が起こるのでした。
前田利家(中):津本陽
北陸の佐々成政を降伏させた前田利家は、秀吉とともに小田原に向かい北条も降して天下統一に貢献します。
前田利家(下):津本陽
秀頼が誕生し、利家はその後見となり豊臣政権を支えます。しかし、秀吉がこの世を去ると、徳川家康が天下を狙い始めるのでした。シリーズ完結編。