HOME

 

時代小説の魅力

時代小説の魅力。それは、その時の流行り廃りとは関係なく作品を楽しめること。どんなに古い作品でも、色褪せることがないのは、歴史の世界を再現しようとする書き手の創作意欲が伝わってくるから。史実に忠実であろうとする歴史小説、フィクションを織り込んだ作品、どれも作家の特徴が出て味わい深いのが時代小説の魅力です。

最近読んだ時代小説

武田信玄(火の巻)-新田次郎
川中島の大会戦に勝利した信玄は、北条とともに松山城を攻撃します。さらに領土を広げるべく、今川氏真が領する駿河への侵攻を決断します。しかし、嫡男義信は義理の兄である今川氏真を攻めることを反対し、武田家は父子が相争う事態に発展するのでした。
武田信玄(林の巻)-新田次郎
武田晴信に信州を追われた村上義清が越後の長尾景虎に助けを求めました。これに応じた長尾景虎は晴信との戦いを決断します。川中島で、2度、3度と甲越両軍はぶつかりましたが決着はつかず。4度目の戦いでは、両者とも雌雄を決することを誓い、大会戦を繰り広げるのでした。
武田信玄(風の巻)-新田次郎
甲斐国を治めていた武田信虎は、その残虐な性格から家臣や領民に疎まれていました。そのため、晴信は武田家の行く末を考え、父信虎を追放することを決断します。武田家の当主になった晴信は、諏訪を攻略し領土を拡張していきます。しかし、晴信の領土拡張は北信の村上義清の激しい抵抗にあい苦戦を強いられるのでした。
織田信長(5)-山岡荘八
長篠の戦いで徳川家康とともに武田勝頼に勝利した織田信長は、天下統一に向けて加速していきます。また、松永久秀と荒木村重の裏切りや娘婿の徳川信康の武田との内通に対しても厳しく処罰し、信長の行く手を阻む者たちを次々に排除します。しかし、このような信長のやり方に重臣明智光秀は不信感を抱き始めるのでした。
織田信長(4)-山岡荘八
浅井の裏切りで窮地に陥った信長。しかし、徳川家康と羽柴秀吉の活躍で危機を脱すると、今度は攻撃に転じます。比叡山、本願寺、武田と四方八方から襲いかかる敵。信長は比叡山を焼き討ちし、朝倉を滅ぼし、浅井長政がたてこもる小谷城を落とし、信長包囲網から脱出するのでした。
織田信長(3)-山岡荘八
美濃攻略に動き出す織田信長。しかし、墨俣への築城が難航し佐久間信盛と柴田勝家が続けざまに美濃勢に蹴散らされます。信長は何度も失敗する墨俣築城を木下藤吉郎に命じ、ついに美濃を手中におさめ天下統一の足掛かりとするのでした。
織田信長(2)-山岡荘八
兄信長の暗殺を企てる織田信行。しかし、両者の器量の差は明らかで、織田家当主を夢見ながら信行はこの世を去ります。今川義元の西上の兆しを察知した信長は、一大決戦に備えて情報収集に努めます。そして、今川義元が田楽狭間に陣取ったことを知ると素早く出陣するのでした。
織田信長(1)-山岡荘八
周囲からうつけ者と思われていた織田信長のもとへ、斎藤道三の娘濃姫が嫁ぎます。身内に多くの敵を持つ信長は、斎藤道三を後ろ盾に家督を狙う叔父たちを退けていきます。しかし、信長の後ろ盾となった斎藤道三は我が子義龍と争うことになるのでした。
天と地と(下)-海音寺潮五郎
武田晴信に領地を奪われた信州豪族たちが、越後の長尾景虎を頼ってきます。豪族たちの頼みを聞き入れた景虎は、武田との戦いを決意しました。長きに渡る川中島の戦い。4度目の合戦で名を上杉政虎と改めた景虎は、思い切った戦いを挑むのでした。
天と地と(中)-海音寺潮五郎
酒色に溺れる兄晴景に不安を覚える景虎。このままでは長尾家の将来はないと考えた景虎は、晴景を無視して長尾俊景討伐のために挙兵します。その後も、態度を改めない晴景に苦悩し続けた景虎は、ついに晴景から長尾家の家督を奪う決心をするのでした。